伊勢型紙について

pht01伊勢型紙とは、友禅、ゆかた、小紋などの柄や文様を着物の生地を染めるのに用いるもので、千有余年の歴史を誇る伝統的工芸品(用具)です。

和紙を加工した紙(型地紙)に彫刻刀で、きものの文様や図柄を丹念に彫り抜いたものですが、型紙を作るには高度な技術と根気や忍耐が必要です。昭和58年4月には、通商産業大臣より伝統的工芸品(用具)の指定をうけました。

型地紙の製造工程

染型紙には、高度な彫刻技術と共に、強くて伸縮しない性質の紙が欠かせません。この紙を型地紙とよび、美濃和紙を柿渋でベニヤ状に張り合わせ、燻煙と乾燥による伝統的な製法で作られます。

型地紙の工程

1.法造り(ほづくり)
200枚から500枚の和紙を重ね規格寸法に裁断します。
2.紙つけ
3枚の和紙を紙の目に従ってタテ、ヨコ、タテとベニヤ状に柿渋で張り合わせます。
3.乾燥
紙つけの終わった紙を桧の張板に貼り、天日で干します。
室干し(むろがらし)
乾燥した紙を燻煙室へ入れ、約1週間いぶし続けると、伸縮しにくいコゲ茶色の型地紙となる。さらにもう一度柿渋に浸し、天日乾燥→室干し→表面の点検という工程を経て型地紙になります。

型地紙の工程

縞彫り縞彫り

定規と彫刻刃で均等の縞柄を彫ります。単純な作業のようですが、1本の縞を彫るのに同じ場所を三度続けて小刃でなぞるため、極めて正確な技術が必要です。

1cm幅に、最高で11本もの縞を彫ることもあります。この彫りには「糸入れ」が必要です。


突彫り突彫り

5~8枚の型地紙を穴板という台に置いて、刃先が1mm~2mmの小刃で、垂直に突くようにして前に彫り進みます。これには補強のために紗張りをすることもあります。直線や大きな柄を彫る場合に、現在では小刃を手前に引くようにして彫ります。彫り口が微妙に揺れるので独特のあたたかい感じがあります。


道具彫り道具彫り

刃自体が、花・扇・菱などの形に造られた彫刻刃を使って色々な文様を彫り抜きます。この技法は道具造りから始まり、道具の出来栄えが作品を大きく左右します。道具彫りの特徴は文様が均一になること、多様な形が表現できることです。江戸小紋では、一般的な技法で、俗に「ごっとり」とも呼ばれています。


錐彫り錐彫り

小紋を彫る技法では、鮫小紋、行儀、通し、アラレなどの種類があります。刃先が半円形の彫刻刃を型地紙に垂直に立て、錐を回転させながら小さな孔を彫っていきます。

1平方センチに100個ほどの穴が彫られた作品もあり、単調な柄だけに難しい技法とされています。


pht02一般の「伝統工芸」などの呼び方とは別に、「伝統的工芸品」という呼称は、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律(伝産法)」で定められました。 「的」とは、「工芸品の特長となっている原材料や技術・技法の主要な部分が今日まで継承されていて、さらに、その持ち味を維持しながらも、産業環境に適するように改良を加えたり、時代の需要に即した製品作りがされている工芸品」というほどの意味です。

「伝統的工芸品」には、法律上では次の要件が必要と規定されています。

1.主として日常生活で使われるもの

冠婚葬祭や節句などのように、一生あるいは年に数回の行事でも、生活に密着し一般家庭で使われる場合は、「日常生活」に含みます。

工芸品は「用の美」ともいわれ、長い間多くの人の目や手に触れることで、使いやすさや完成度が向上します。また色・紋様・形は、日本の生活慣習や文化的な背景とも深く関わっています。

2.製造過程の主要部分が手作り

すべて手作りでなくても差し支えありません。が、製品の品質、形態、デザインなど、製品の特長や持ち味を継承する工程は「手作り」が条件です。持ち味が損なわれないような補助的工程には、機械を導入することが可能です。

製品一つ一つが人の手に触れる工程を経るので、人間工学的にも妥当な寸法や形状となりますし、安全性も備えています。

3.伝統的技術または技法によって製造

伝統的とはおよそ100年間以上の継続を意味します。工芸品の技術、技法は、100年間以上、多くの作り手の試行錯誤や改良を経て初めて確立すると考えられています。技術と技法は一体不可分なものですが、どちらかといえば技術は、「技術を磨く」といわれるように「一人一人の作り手の技量」「精度」に関わりが強く、技法は「原材料の選択から製法に至るノウハウの歴史的な積み重ね」に関わるものといえます。

伝統的技術、技法は、昔からの方法そのままでなく、根本的な変化や製品の特長を変えることがなければ、改善や発展は差し支えありません。

4.伝統的に使用されてきた原材料

3と同様に、100年間以上の継続を意味し、長い間吟味された、人と自然にやさしい材料が使われます。なお、既に枯渇したものや入手が極めて困難な原材料もあり、その場合は、持ち味を変えない範囲で同種の原材料に転換することは、伝統的であるとされます。

5.一定の地域で産地を形成

一定の地域で、ある程度の規模の製造者があり、地域産業として成立していることが必要です。ある程度の規模とは、10企業以上または30人以上が想定されています。個々の企業だけでなく、産地全体の自信と責任に裏付けられた信頼性があります。

平成21年4月現在、経済産業大臣が指定する「伝統的工芸品」は全国に211品目あります。

参考:伝統的工芸品センターより

伊勢型紙の本来の用途である染型紙について解説します。

型紙は、着物の小紋や友禅や浴衣などに用いられます。それぞれの柄によって使用される型紙の枚数は異なります。縞のような柄は、一枚の型紙で染められます。また友禅のような様々な柄や色を用いる場合には何百枚もの型紙を使います。これは、柄や色によって型紙を使い分けるためで、一枚の型紙に一つの柄というふうに使うためです。

また型紙は図案をもとに彫られます。この図案は、染屋からの依頼で図案師が描きます。その図案は、日本古来の文様などをモチーフにしています。普通の絵と異なる点は、線がつながっているところです。彫った時に柄が落ちないように、にげとよばれるつながりをつくってつなげます。

伊勢型紙には四つの技法がありますが、それぞれには特徴があります。大きな柄を彫る場合には、引彫りや突彫りが適しています。また、小紋のような細かい柄を彫る場合には、道具彫りや錐彫りを用います。また引彫りや突彫りも細かい柄を彫りますが、大まかに分類するとこのようにいえます。どの技法にも、その良さがあります。引き彫りはストレートな線をだすことができます。また突き彫りは、線が微妙に揺れるので、手作りの味がだせます。また、枚数を重ねられる点で優れています。錐彫りは、丸だけで柄を表現して、非常に細かい柄を彫ります。道具彫りは柄に合わせて彫刻刀を使うため、非常に均整のとれた柄をつくることができます。

型を彫る職人は、型地紙を何枚も重ねて彫っていきます。一つの染型紙を彫るには、一日でほる縞彫りもありますが、手間のかかるものですと一カ月くらいかかるものもあります。ここが、職人の根気と集中力が必要とされるところです。彫りあがった型紙は、彫り方によっては紗張りとよばれる技法で固定されます。絹の糸の網を漆で貼り合わせます。こうして出来上がった型紙は、染屋のもとに送られて、着物を染めるために使用されます。

次に実際に染める時、型紙はまず水につけます。伸縮をしないようにするためです。そして、反物の上に置いて防染糊を置いていきます。基本的には一色につき一回ずつ染めるため、柄によっては何回もこの作業をします。糊のついた反物を染料で染めます。そして糊を洗い流すと、そこが白くなり、模様となります。またいくつもの色を使う場合には、後で染めた色が勝つので、下地の色から染めていきます。また縞のような柄は、一枚の型紙を順番におくって糊を置いていきます。型紙には星と呼ばれる印がついており、それを頼りに送ります。染めた後、少しの修正を加えて、反物は出来上がります。そして、着物の問屋へ納められます。

しかし、浴衣は少し染めた方が異なります。注染と呼ばれる手法を用いて染めます。何反もの布をつながった状態で、順番に糊を置いていきます。そして、折っていき重ねていきます。そして、重なった状態の反物を、下から空気で吸引して、上から染料をながしていきます。この時に、一番上には糊で土手をつくり他の色と混じらないようにして、いくつもの色を使います。また水を使うことでぼかしの模様も染めることができます。一度裏に返してまた染料を流して染めます。そして糊を洗い流して出来上がります。

こうして染めるために使われた、型紙は保存されます。再度使うこともありますし、資料として保存するためでもあります。染屋には何千枚の型紙が保管されているといわれています。これをもとに
また新しい柄の型紙を発注したりします。この染屋と型屋はお互いが切磋琢磨して、よりよい着物をつくるために仕事を行っています。

伊勢形紙と伊勢型紙という字の使われ方について説明します。

歴史的には、古くから「形」という字が用いられてきました。江戸時代から明治時代にかけてこの「形」という字がもちいられてきましたが、大正、昭和にかけて「形」と「型」の二つの字が併用されました。そして戦後には「型」という字に統一して使用されるようになりました。

この字に関してですが、昭和30年に重要無形文化財「伊勢型紙」の技術保持者として6名が認定をうけました。しかし、昭和58年に通商産業大臣(現・経済産業省)が伝統的工芸品の指定に際して「伊勢形紙」として登録しました。

このことにありますように、「形」と「型」の字の混在は現在にもつながっています。

しかし現在では「型」の字に統一しようという動きになっています。そもそも「形」と「型」の字の持つ意味合いは「型」の字のほうがふさわしく、一般的な認知度を考えてみると、インターネット検索の結果では、圧倒的に「型」の字が多く表示されます。

このことにより、2009年には、業界の統一を図るように「伊勢型紙産地協議会」が設立されまして、「伊勢型紙」として地域ブランドを取得しました。

前述の、伝統的工芸品の指定に際しては「形」を用いるため、併用は避けられませんが、できるだけ「型」を用いていこうという業界の流れになっていきています。

また「形」と「型」が用いられる伊勢型紙は、歴史の流れを大きく汲んでいることを考えるとそれは、味わいのあることではないでしょうか。